読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前年と同じスケジュールで始まった18新卒採用戦線

前年と同じスケジュールで始まった18新卒採用戦線。インターンシップや業界研究セミナーなど採用広報解禁前の動きが活況となる中で学生の意識はどう変化したか。(調査・分析/株式会社ダイヤモンド・ヒューマンリソース メディア開発部長 高村太朗)

2017年卒大学生の就職内定率は90.6%(「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」2月1日時点―厚生労働・文部科学両省発表) と前年同期比で2.8ポイント上昇し、2000年卒の同時期調査開始以降過去最高を記録。特に労働集約型のサービス業(介護・陸運・外食など)で人手不足が深刻となるなど18年卒でも学生の「売り手市場」が継続している。

http://fahyoeiwru.soreccha.jp/e403545.html
http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5791

経団連の定める「採用選考の指針」は前年と同じ3月1日採用広報開始、6月1日選考開始というスケジュールとなった。採用広報期間が3ヵ月と短いこともあり、採用広報解禁前にインターンシップや業界研究セミナーを導入する企業が増え、学生の動きは早期化した。

ダイヤモンド・ヒューマンリソースが実施した学生モニターアンケート(2月)では63.4%の学生がインターンシップに参加。インターンシップへの平均参加社数は2.6社、複数回参加した学生は65.4%となっている。

このような環境下で40回目を迎えた就職人気企業ランキング調査は、昨年に引き続き文理男女別全てのカテゴリーで総合商社に人気が集まる結果となった。

昨年に引き続き三菱商事が1位となったほか、三井物産(2位)、伊藤忠商事(3位)、住友商事(4位)、丸紅(6位)、豊田通商(8位)とトップ10に総合商社が6社ランクインした。「ミネラルウォーターから人工衛星まで」と称される事業フィールドの広さや世界を股にかける商社パーソンへの憧れにより従来から学生の高い支持を集めてきたが、各社ともにインターンシップを積極的に導入しているほか3月から多種多様なセミナーを数多く開催し学生との接触機会を増やすなど、その人気に陰りは見えない。資源安のあおりを受けた昨年の減損処理もほぼ完了し、業績が回復していることも影響していると思われる。

http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5790
http://www.freeml.com/bl/15541572/336440/

1位の三菱商事はセミナーの開催時期を早め、3月上旬から人事部採用チームリーダーの講演やテーマ別の座談会に参加できる「MC Interactive Fair」や先輩社員と本店社員食堂や全国の支社で直接話せる「MC Career Development Cafe ~社員との交流会~」を開催している。様々な切り口から積極的に学生に自社の魅力を発信しているだけでなく、社員の魅力を肌で感じてほしいとの思いから若手社員の出身大学キャリアセンターにOB/OGリストを設置している。さらに、リストの掲載件数が比較的少ない大学の学生には、採用ホームページの「社員紹介センター」を通じて社員と交流する機会を提供している。2017年3月期の業績見通しは純利益で業界首位に返り咲くことが確実視されており、丁寧な情報提供の姿勢と相まって学生の人気を集めたと思われる。