読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元琴欧洲の鳴戸親方(34)と元競泳選手中村真衣さん(37)

琴欧洲鳴戸親方(34)と元競泳選手中村真衣さん(37)が13日、都内で、ファッションメーカーAOKI「サイズマックス」事業戦略発表会に出席した。

「サイズマックス」は大きなサイズの専門店。「AOKI」「ORIHICA」に続く同社第3の柱事業として展開することを発表し、「AOKI」既存店内のコーナーと合わせ150店舗体制を目指す。

ゲストで登場した鳴戸親方、中村さんはともに「体が大きいとまず洋服が選べないんです」と話した。

http://tblo.tennis365.net/faoeiruaou/2017/04/13/faerfaerdfgaer/
http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5761

中村さんは「着られるものがあれば買うという状態で、オシャレをあきらめていました。私服はもっぱらジャージーでした」と現役時代を振り返った。

同ブランドは京都大学アメリカンフットボール部と共同開発したスーツ「アスリートMAXスーツ」を発売する。鳴戸親方はこのスーツを着て、ステージでウオーキングを披露。「肩周りが動かしやすいですね」と話し、「モデルもいいかも」と笑顔を浮かべた。中村さんは「スーツのイメージが変わります。窮屈なイメージでしたが、これはアスリートの人はぜひ1度試してみて欲しいですね」とアピールした。

12日に引退会見を行った浅田真央さん(2http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5760
https://atnd.org/events/87306
6)について、鳴戸親方は「自分が引退したときはとにかく体を休めたかった。まずはゆっくり休んで、これからの人生のほうが長いので、目標を見つけてください」。中村さんは「人生はこれから。ゆっくり休んで、進むべき道、やりたいことを見つけて、楽しく歩んでください」。現役引退を経験した2人らしいアドバイスを送った。