読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資生堂は4月5日、ビタミンに似た働きをする物質

資生堂は4月5日、ビタミンに似た働きをする物質「コエンザイムQ10」に、加齢臭の原因物質「ノネナール」を抑える効果があることを発見したと発表した。制汗剤などに頼らず、体の内側から加齢臭を抑えられる可能性があるという。

コエンザイムQ10は、人間の細胞内にあるミトコンドリアがエネルギーを作るときに使われる物質。加齢とともに減少することが知られていたが、詳しいメカニズムは分かっていなかった。

http://www.okirakupankai.com/post/entry/1377
http://www.okirakupankai.com/post/entry/1376

研究グループは、65~74歳の女性を6人ずつ、コエンザイムQ10を毎日100ミリグラム摂取してもらうグループと、摂取しないグループに分け、4週間過ごしてもらった結果を比較した。摂取したグループでは、肌から放出されるノネナールの濃度が摂取前と比べて2~3割減少していたという。

体を洗うだけでは防ぎきれないノネナールの発生を、コエンザイムQ10を摂取すれば、体の内側か抑えられることが分かったという。資生堂は、幅広い世代の加齢臭のケアに実験結果を役立てるとしている。

http://tblo.tennis365.net/fahoeruoa/2017/04/06/fsarwewqe/
http://tblo.tennis365.net/fahoeruoa/2017/04/06/faserewqrwer/

研究成果は「日本補完代替医療学会誌」第14巻第1号(2017年)に掲載された。

資生堂は1991年に加齢臭の原因がノネナールであると発表。加齢臭をケアする研究を続けている。